福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 新築戸建てを「ペアローン」で購入するメリット・デメリットとは?

新築戸建てを「ペアローン」で購入するメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産購入時の「重要事項説明」とはなに?確認するポイントや注意点をご紹介!   記事一覧   戸建ての建築でのユニット工法とは?メリット・デメリットを解説|次へ ≫

新築戸建てを「ペアローン」で購入するメリット・デメリットとは?

新築戸建てをペアローンで購入するメリットとデメリットとは?

新築戸建ての購入を検討するときには、住宅ローンの利用を考える方が多いのではないでしょうか。
もし共働きのご夫婦で購入を検討しているのであれば、ペアローンを組むことも選択肢の一つかも知れません。
ここでは、新築戸建ての購入を検討している方に向けてペアローンとはなにか、そのメリット・デメリットについてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築戸建て購入の選択肢「ペアローン」とは?

ペアローンとは、共働きの夫婦のように「一定の収入がある同居親族」と一緒に住宅ローンを組むことで、一つの物件に対してそれぞれが住宅ローンを契約し、お互いが連帯保証人になる仕組みです。
一人では希望の借入額に届かない場合などに、ペアローンを組むことで借入額を増やすことができます。
借入額や返済額が、個別に設定できるのもペアローンの特徴といえるでしょう。

新築戸建て購入の選択肢「ペアローン」のメリットとは?

ペアローンには、いくつかのメリットがあります。

借入額が増える

ペアローンの大きなメリットとして、一人で住宅ローンを申し込むよりも借入額を増やせることが挙げられます。
借入額が増えることで、立地の良い物件や気に入った物件など選択肢が広がるでしょう。

住宅ローン控除をそれぞれ受けられる

ペアローンはそれぞれの名義で住宅ローン契約をおこなっているため、住宅ローン控除をそれぞれ受けることができます。
住宅ローン控除は、ローン残高の1%分が税金から控除される仕組みで、大きな節税効果を得ることができます。

売却時の特別控除

ペアローンでは一つの物件を共有名義にするため、売却するときに3,000万円までの特別控除をそれぞれが受けられるのも、メリットの一つです。

新築戸建て購入の選択肢「ペアローン」のデメリットとは?

ペアローンは、住宅ローン契約時にそれぞれが団体信用生命保険(団信)に加入します。
ペアローンの場合どちらかが死亡したときは、死亡した側の住宅ローン残債は団信が適用されますが、もう一方の住宅ローンには適用されないため、債務が残ってしまうのがデメリットです。
また、ペアローンは2つの住宅ローン契約を組むため、手続きに必要な諸費用が2倍になってしまうこともデメリットといえるでしょう。
とくに夫婦でのペアローンは、どちらか一方の退職や離婚などで返済リスクが高まる可能性も考え、慎重に選択する必要があります。

まとめ

ペアローンとは、共働き夫婦が新築戸建てなどを購入するときに、それぞれが住宅ローンを組むことで、借入額を増やすことができるローンです。
新築戸建て購入時には、メリット・デメリットを検討して選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入時の「重要事項説明」とはなに?確認するポイントや注意点をご紹介!   記事一覧   戸建ての建築でのユニット工法とは?メリット・デメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る