福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入にはどのくらいの年収が必要?予算の計算方法や返済比率もご紹介!

不動産購入にはどのくらいの年収が必要?予算の計算方法や返済比率もご紹介!

≪ 前へ|糸島市にあるファームパーク伊都国はどんなところ?   記事一覧   不動産購入時の「重要事項説明」とはなに?確認するポイントや注意点をご紹介!|次へ ≫

不動産購入にはどのくらいの年収が必要?予算の計算方法や返済比率もご紹介!

不動産購入を検討するには年収はどのくらい必要?予算の計算方法や返済比率についてもご紹介!

住宅ローンを組んでマンションなどの自分の不動産を持ちたいと思っても、実際にはどの程度の年収が必要なのでしょうか。
今回は年収によって組める予算の計算方法、住宅ローンの返済比率とはなにかということをご紹介していきます。
不動産購入を検討しているのでしたらぜひチェックしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入にはどの程度の予算が必要?

不動産を購入するのであれば、購入できる不動産からもできれば300万円程度はほしいところです。
年収に合わせて購入はできますが、あまり収入がない状態ではローン貧乏になってしまいます。
自分の収入に対してどの程度の予算を見ればいいのか、という点については、以下の計算方法になります。

●住宅の購入価格(所要資金)÷世帯年収

目安としてはだいたい自分の年収5から7倍と言われていますので、こうした金額も参考にしてみましょう。
一番は自分にとって返済しやすい、無理なく支払える予算となりますので、年収の倍だからと購入せず、実際に計算してみて無理がないか確認しましょう。

不動産購入にはどのくらいの年収が必要?予算の計算の仕方とは

不動産の購入には、頭金プラスローンの借り入れ金額が必要となります。
貯金を全部不動産購入に使ってしまっては、将来への貯蓄だったり生活予備費が捻出できなくなってしまいますので、注意しましょう。
住宅ローンの年間返済額の安心ラインは年収の25%とされていますので、こうした金額をもとに自分がどの程度借りられるのかを計算してみると良いでしょう。
年収が300万の場合、目安として借入できる金額は2,040万円となります。

不動産購入にはどのくらいの年収が必要?住宅ローンの返済比率とは

住宅ローンの返済比率というのは、年収に占める年間返済額の割合のことを示しており、年間返済額÷年収で算出可能です。
1年間のローンの返済比率は、毎年30%から35%の金額が返済できていることが基準となっており、年収300万円なら毎年90万円から105万円となります。
しかし何度もお伝えしているように、こうした数字はあくまでも目安にすぎません。
実際の家族構成やライフスタイル、必要な生活費によっては収入の割に毎月ローンで捻出できないという場合もあります。
無理をして借り入れをしてしまい、ローンの返済に追われてしまっては、せっかく住宅を購入してもローンで辛い思いをしてしまいます。

まとめ

不動産購入をするなら、自分の収入の何割年間返済できるのかというのをしっかりとシミュレーションしてみるのが大切です。
予算をしっかり計算しても、実際の毎月の出費と一致していなければどこかしらで無理が生じてしまいます。
年間の返済比率にも注意しつつ、計画的に購入しましょう。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|糸島市にあるファームパーク伊都国はどんなところ?   記事一覧   不動産購入時の「重要事項説明」とはなに?確認するポイントや注意点をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る