福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時にスマートハウスにできる?メリットやデメリットについて解説

不動産購入時にスマートハウスにできる?メリットやデメリットについて解説

≪ 前へ|不動産の購入時に気をつけたいオーバーローンについて解説   記事一覧   不動産売却後の確定申告は必要?必要書類をご紹介|次へ ≫

不動産購入時にスマートハウスにできる?メリットやデメリットについて解説

不動産購入時にスマートハウスにできる?メリットやデメリットについて解説

外出先から家の中にある家電製品に指示ができる、次世代型住宅です。
HEMSと呼ばれるメイン機器によって、お家時間を快適にし、また光熱費などを節約ができる家になります。
不動産を購入時に、費用をプラスすることでスマートハウスにできます。
今回はスマートハウスとは何か、必要な費用とメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時のスマートハウスとは何か

マイホームで電気を作成し、その電気を蓄えることができます。
必要最低限の電気で生活ができるエコ住宅です。
HEMS(Home Energy Management System)と呼ばれるメイン機器が頭脳となり、電気を「作る」・「貯める」・「使う」を指示しています。

不動産購入時のスマートハウスに必要な費用

坪単価で平均60~70万円になります。
不動産建築時に導入すると、平均240万円ほどの費用がかかってきます。
また、スマートハウスを建てると市町村から補助金がもらえる地域もあります。
普通のオール電化を建てるよりも、補助金制度を利用するとお得になる可能性もあります。
まずは、補助金を実施しているか確認しましょう。

不動産購入時のスマートハウスのメリット・デメリット

メリットは光熱費の節約、生活が快適になり、災害時でも安心することができます。
実際の電力消費量がスマホやタブレットで確認することが可能で、省エネに対して意識が高まります。
スマートハウスは、できることは多数あり、音声認識ソフトにて家の中にある家電をリモコンなしに操作することが可能です。
災害時では、蓄電機能があるため安心して生活が送れます。
太陽がでていれば、太陽光発電システムで新たな電力を蓄えることができます。
デメリットは、太陽光発電システムのソーラーパネル本体価格が高額です。
導入費用に10万単位の金額が必要になり、設置には100万円を超えます。
また、ソーラーパネルは定期的なメンテナンスを必要とし、メンテナンスを怠ると劣化が早くなる恐れがあります。
そして、HEMS対応の電化製品を購入する必要があります。
HEMS対応している電化製品は少なく、導入しても電化製品が対応していなければ、活用できない状態です。

まとめ

不動産購入時スマートハウスにすると、電気を「作る」・「貯める」・「使う」ことができるエコ住宅になります。
災害時にも強い住宅となり、災害やトラブルがあっても安心して生活できるのは大きく魅力的でしょう。
現在住んでいる家を、スマートハウスにすることも可能ですが、350~450万円と高額な予算が必要になります。住宅を建てるときに、導入するほうが費用は抑えられるでしょう。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の購入時に気をつけたいオーバーローンについて解説   記事一覧   不動産売却後の確定申告は必要?必要書類をご紹介|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る