福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入で知っておきたい固定資産税について解説

不動産の購入で知っておきたい固定資産税について解説

≪ 前へ|不動産購入の流れと内覧の注意点やポイント   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?払えない場合どうすれば良いか解説|次へ ≫

不動産の購入で知っておきたい固定資産税について解説

不動産の購入で知っておきたい固定資産税について解説

マイホームなどの建物や土地など、いわゆる不動産をもっている方は、固定資産税を支払うことになります。
これから不動産の購入について検討している方は、是非そのあたりのことも考えておきましょう。
ここでは、固定資産税をいつ納めるのか、いくらになるのかなどについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の購入における固定資産税とは

不動産をもっている場合、そのほとんどのものに対して課税されます。
これを固定資産税というのですが、このなかには、償却資産も含まれます。
自宅、店舗、倉庫など幅広い建物が対象になるほか、住宅用の土地や、田畑、山などの土地も当てはまります。
また、気になるのが不動産売買があった際に、誰がそれを納めることになるかということですが、これは1月1日に所有していた人になります。
ただし、これでは不公平さを感じさせることもあるため、一般的には引き渡し日よりも前については売却した人、後については購入者が負担するなど、分担割合についてあらかじめ相談、決定してから売買契約をおこないます。
日割り計算をおこなう際に基準とされる起算日は、地域によっても違いがありますので、そのあたりについても確認してみてください。

不動産の固定資産税はいくらなのか計算する方法とは

固定資産税評価額をもとにして、固定資産税を計算します。
これに、1.4%をかけて税額を計算するのですが、建物と土地をもっている方の場合は、それぞれ別に計算することになりますので、注意が必要です。
ただし、住宅用地の場合は特例措置があるため、減額されます。
具体的には、200㎡を超えるような一般住宅用地の場合は、課税標準額が3分の1となり、200㎡以下の小規模住宅用地は、課税標準額が6分の1となりますので、いくらになるか考える際の参考にしてみてください。

不動産の固定資産税を納めるのはいつなのか

通常、毎年4月から6月の間に納税通知が届きます。
4期分に別れていますので、期日までに納めてください。
可能であれば、ぜんぶ一括で納めることもできますので、自分に合った方法でおこないましょう。
口座振替、コンビニや銀行などでの支払いなど方法も多数あり、自治体によっても納税方法に違いがありますので、確認してみてください。

まとめ

不動産の固定資産税とは、土地や建物などが含まれており、住宅用の土地、田畑、自宅、店舗などがそれにあたります。
いつごろの支払いになるかについては、通常4月から6月です。
また、いくらか計算するときは、固定資産税評価額をもとにします。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入の流れと内覧の注意点やポイント   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?払えない場合どうすれば良いか解説|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る