福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 新築一戸建てで注目したい長期優良住宅認定の制度

新築一戸建てで注目したい長期優良住宅認定の制度

記事一覧   不動産購入の注文住宅とは?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

新築一戸建てで注目したい長期優良住宅認定の制度

新築一戸建てで注目したい長期優良住宅認定の制度

これから新築一戸建て購入を考えているなら、住宅性能が気になるでしょう。
安心で長く住める住宅を選びたい方は、長期優良住宅認定の制度に注目してください。
どのような制度なのか、どんなメリットがあるのかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築一戸建て長期優良住宅認定の制度

長期優良住宅制度は、平成21年にスタートしました。
基準をクリアした新築一戸建て住宅に認定される制度です。
具体的には、バリアフリー・可変性・耐震性・省エネルギー・居住環境・維持保全計画・住宅面積・劣化対策・維持管理と更新の容易性の条件があります。
簡単に説明すると、長期使用に耐えられて環境配慮している新築一戸住宅です。
長く住むことを前提にしているため、将来的に重要となるバリアフリー採用の条件があります。
また、ライフスタイルの変化に伴い、間取り変更がしやすいかどうかも評価ポイントです。
新築一戸建ての面積は、75㎡以上でなければなりません。
断熱材をしっかり入れており、夏に涼しく冬あたたかい家が当てはまるでしょう。

新築一戸建て長期優良住宅認定のメリット・デメリット

長期優良住宅制度に認定されると、節税のメリットがあります。
一般の住宅と比べて住宅ローン控除が多くなり、所得税や住民税軽減になる場合があります。
また、不動産購入時にかかる登録免許税・不動産取得税の軽減としてもお得です。
ほかにも固定資産税の軽減により、毎年かかる税金が安くなるメリットがあります。
住宅ローンでフラット35を利用予定の場合では、フラット35Sの活用で金利引き下げられるというメリットも得られるでしょう。
ただし、認定を受けるためには条件を満たす必要があります。
新築一戸建て建築の際には、申請をしなければなりません。
また、家が完成してからも定期点検や改修の記録、保存が必要となるデメリットがあります。
さらに、条件に該当するよう、断熱材・耐震性など性能を高めなければなりません。
建築コストは通常より1.2倍は上昇する恐れがあるでしょう。
総合的に考えてお得なのかはよく考える必要があります。
しかし、長期的に住みやすい住宅になり、環境に優しい面から、コスト以上のメリットが感じられる場合はあるでしょう。
長い目で見ると、長期優良住宅を選ぶほうが良い家庭もあります。
とくに選ぶと良いのは、40年や50年など長期的に住む予定の場合です。
ライフスタイルの変化で家を取り壊すのではなく、子どもや孫などに受け渡し、長く家を活用したい家庭に向いています。

まとめ

これから新築一戸建て建築予定なら、長期優良住宅を考慮してみましょう。
最近の家は断熱や耐震性が高く十分性能の高い家にできることから、コスト面で選択しない方法もあります。
一方で長く住める家を求めているなら、長期優良住宅がおすすめです。
どちらを選ぶかは、コスト面や将来的なメンテナンスも考慮してみてください。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

記事一覧   不動産購入の注文住宅とは?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る