福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 建物構造が鉄骨造の場合どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介

建物構造が鉄骨造の場合どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介

≪ 前へ|共有名義で不動産購入することのメリットとデメリットとは?   記事一覧

建物構造が鉄骨造の場合どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介

建物構造が鉄骨造の場合どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介

建物構造にはさまざまなものがあり、見た目に違いがなくても構造によって住み心地が違ってきます。
そんな建物構造のひとつに鉄骨造というものがあります。
今回の記事では、鉄骨造という建物構造について詳しくお話していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

建物構造が鉄骨造の住宅に住むメリットについてご紹介

この構造には、使っている鋼材の厚さによって軽量鉄骨造(厚さが6㎜未満)と重量鉄骨造(厚さが6㎜以上)の2種類があります。
軽量は2階建ての集合住宅や一戸建て住宅、重量は大型マンションや高層ビルに使われるのが一般的です。
建物構造が鉄骨造の住宅には次のようなメリットがあります。

耐久性がそこそこある

RC構造などには劣るものの、木造と比較すると高い耐久性や耐震性があります。

価格が安い

建築コストがそれほどかからないため、価格が安い点が魅力です。

害虫が少ない

木造と比較すると害虫が出にくく、きちんと掃除が行き届いていればほとんど害虫を見ることはありません。

壁の材質次第で結露ができにくくなる

この構造では調湿性と断熱性に富む素材を壁に使った場合、結露ができにくくなります。

建物構造が鉄骨造の住宅に住むデメリットについてご紹介

それでは建物構造が鉄骨造の住宅にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
まず、耐震性についてですが、木造と比較すると優れていると言えます。
防音性では、軽量は木造よりも優れており、重量では軽量よりさらに優れていますが、中途半端であるという点が否めません。
耐火性が低いという難点もあり、木造以下の建物もあります。
Wi-Fi電波を通しにくい素材なのでモバイルWi-Fiが繋がりにくい、構造の複雑さからリフォームに制限があるという点にも注意が必要です。

建物構造が鉄骨造の住宅がおすすめの方についてご紹介

この構造にはデメリットも少なくありませんが、人や状況によっては適していて、おすすめの場合があります。
建築コストがかからず比較的安い価格を実現できるので、出費を抑えたい方におすすめです。
また、モバイルWi-Fiではなく波長が長いLTEモバイル回線をメインに利用している方は、デメリットと感じることなく暮らすことができるでしょう。
防音性について不安がある方は、自分でDIYをすることで防音対策を講じることも可能です。

まとめ

建物構造が鉄骨造の住宅の場合、メリットよりもデメリットのほうが気になるという方もいるかもしれません。
ただ、費用面で節約したい方にとっては、その価格は大きなメリットと言えます。
一般的なメリット・デメリットよりも、自分にとってどんなメリットがあるかを考えて部屋選びをしましょう。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|共有名義で不動産購入することのメリットとデメリットとは?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る