福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!

不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!

≪ 前へ|日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?   記事一覧   住居としてユニットハウスを購入する場合のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!

不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!

マイホームを購入して引っ越しするのに伴い、まずはインターネット環境を整える必要がありますよね。
今や自宅でもインターネット環境を整えることは、快適に生活するために必要不可欠です。
インターネット回線の契約は、戸建てとマンション、そしてマンションの種類によっても異なります。
ここでは、マイホーム購入後にインターネットを契約する方法について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入後に自分でインターネット回線を契約する方法

購入した不動産が一戸建ての場合は、世帯単位での契約となり家の近くの回線から直接回線を引き込むのが一般的です。
一方で、マンションの場合は一度共有部分まで回線を引き込んだ後に各部屋に配線する仕組みとなっています。
そのため、マンションを購入した場合は、マンションのインターネット回線の状況に応じた契約をする必要があります。
すでに住戸まで配線されている場合は、新たに契約する必要はなく、すぐにインターネットを使用できます。
一方で、共有部分までしか回線が引き込まれていない場合は、自宅までの配線工事およびプロバイダ契約が必要となります。

不動産を購入した後のインターネット契約の種類は何がいい?

インターネットには大きく分けて固定回線と無線のWi-Fiルーターがあります。
固定回線は回線を住戸まで引き込むため、回線速度が速くて安定していることがメリットです。
ただし、回線工事が必要なため使用するまでに時間がかかることがデメリットです。
一方で、Wi-Fiルーターは工事が不要なため自分でも簡単に設置でき、すぐに利用できる反面、回線が不安定になることが少なくありません。
手軽なのはWi-Fiですが、自宅で仕事をするなど頻繁にインターネット回線を利用する場合は、安定している固定回線がおすすめです。

不動産購入後インターネット回線契約が完了するまでの期間

前に使っていたプロバイダを引き続き使用する場合は、引っ越し期日を伝えて開通希望日を事前に伝えておくとスムーズに進めることができます。
ただし、開通するまで2週間~1か月かかるケースもあるため、早めに連絡を済ませておくことをおすすめします。
新たにプロバイダ契約する場合も開通期間は同様で、引継ぎよりもさらに手間や時間がかかるため、早めに手続きしておくことをおすすめします。

まとめ

不動産を購入後、インターネット契約をしてから開通するまでには日数がかかるため、できるだけ早く契約をしておきましょう。
マンションの場合は、マンションのインターネット状況を確認したうえで契約内容を選んでくださいね。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?   記事一覧   住居としてユニットハウスを購入する場合のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る