福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?

日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?

≪ 前へ|競売物件とはなにか?購入のメリットやデメリットについても解説   記事一覧   不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!|次へ ≫

日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?

日本での永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用は可能?

日本で長く暮らしていくために、外国人であっても日本でマイホームを構えたいと考える方も少なくなりません。
しかし、マイホームを購入するためには住宅ローンを利用するのが現実的な方法のため、永住権がない外国人であってもローン審査に通過するのか不安に思っている方も多いでしょう。
永住権がなくても住宅ローン自体は組むことができます。
今回は、永住権がない外国人が住宅ローン審査に通るための対策について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

外国人が住宅ローンを借りるときに重要な「永住権」とは

永住権とは、他国において外国人が滞在期間を制限されることなく、その国に住み続けられる権利のことをいいます。
条件を満たした場合、法務大臣から与えられる権利です。
永住権を得るための条件は国によって異なり、日本においては10年以上在留していること、独立した生計を営むための能力や資産があることなどが条件とされています。

永住権なしの外国人でも住宅ローンの利用すること自体は可能

日本での永住権を持たない外国人であっても、住宅ローンそのものを利用することや住宅を購入することは可能です。
ただし、永住権を持っていない場合は住宅ローンの審査に通過しにくいといわれています。
その理由は、急に母国へ帰国してしまう可能性があるほか、保証会社の保証をつけにくいなどリスクが大きいからです。
また、これは日本人であっても同様ですが、安定した収入が望めないといった理由で断られるケースも多いほか、日本語で記載されている契約書の内容を理解できるだけの日本語能力があることが条件になっているところも少なくありません。

永住権なしの外国人が住宅ローン審査を通過するための対策

永住権なしの外国人が住宅ローン審査を通過するための対策についていくつかご紹介します。
まず、日本人もしくは日本での永住権を持っている配偶者がいる場合は保証人になってもらうことで通過しやすくなります。
そのような配偶者がいない場合は、母国の銀行の支店が日本にあれば住宅ローンを利用できないか確認してみるのもひとつの方法です。
ただし、制約が多くなるほか、金利が変動しやすいなどのデメリットもあります。
そのほか、頭金を多く出すことで信頼度が上がって審査を通過できるケースもありますよ。

まとめ

永住権がない外国人でも住宅ローンを借りることは可能ですが、審査に通過しにくくなります。
日本でマイホームを購入したい場合は、今回ご紹介した対策を検討してみてくださいね。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|競売物件とはなにか?購入のメリットやデメリットについても解説   記事一覧   不動産を購入した後にインターネット回線を契約する方法を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る