福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > プレハブ住宅を購入するメリットとデメリットについてご紹介

プレハブ住宅を購入するメリットとデメリットについてご紹介

≪ 前へ|糸島市は子育て支援も充実!さまざまな支援や助成制度で子育て応援!   記事一覧   LCCM住宅を購入する際に知っておきたいメリットとデメリット|次へ ≫

プレハブ住宅を購入するメリットとデメリットについてご紹介

プレハブ住宅を購入するメリットとデメリットについてご紹介

これからマイホームの購入を検討される方も多いでしょう。
いろいろな造りのものがありますが、プレハブ住宅も併せて検討してみてはいかがでしょうか。
ここでは、プレハブ住宅を購入する際のメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

プレハブ住宅の特徴とは?

プレハブという言葉のイメージにはさまざまなものがあるため、なかには仮設住宅のような印象を持っている方もいるかもしれません。
結論を言えば、それは誤ったイメージです。
プレハブ住宅とは、プレハブ工法で建てられた住宅のことで、工場で加工したり組み立てたりしたものを現場に運ぶのが特徴です。
また、さまざまな種類が存在しており、木造、鉄骨、コンクリートなどがあります。
同じようなもので、ユニットハウスがありますが、二つが異なります。
ユニットハウスは箱型構造にいたるまで工場で対応しますが、プレハブ住宅は工場で部品のみ対応します。

プレハブ住宅を購入するとどんなメリットがある?

一般的な住宅とは異なり、工場で品質が管理されているため、いつでも安定した精度とクオリティが保たれているのも良いところです。
また、工場で大量に生産されたものを用いられていることもあり、全体的に低コストで家が建てられるといったメリットもあります。
建てはじめてから出来上がるまでの期間も短いため、できるだけ早く新しい家で生活をはじめたいという方にもおすすめです。
特殊加工ができるほか、特殊性能などほかにも魅力がたくさんあります。

プレハブ住宅を購入する際に注意したいデメリットとは?

プレハブ住宅を建てるためには、土地にもある程度の条件があります。
規格化された材料を使用するため、それが使えない土地だと建てられないからです。
設計の自由度が低く、施工中に計画を変えるのが難しいのもデメリットです。
後々リフォームしたいと思った場合、それができなかったり、できたとしても費用が高くなったりするため、そのあたりについても慎重に検討してください。
また、たしかに低コストで建てることができるというメリットがありますが、極端に安いというわけではないので、予算についてもしっかり検討して判断してください。

まとめ

プレハブ住宅を購入するメリットは、早く建てられることと、安定したクオリティと精度の材料が使用できることです。
比較的低コストで建てられるのも良いところですが、極端に安いわけではありませんので注意が必要です。
また、土地によってはプレハブ住宅が難しいこともあります。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|糸島市は子育て支援も充実!さまざまな支援や助成制度で子育て応援!   記事一覧   LCCM住宅を購入する際に知っておきたいメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る