福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入で消費税はかかる?手数料についても解説

不動産の購入で消費税はかかる?手数料についても解説

≪ 前へ|一戸建てを購入する際にかかる不動産取得税とは?計算方法も解説   記事一覧   住宅ローンを返済できなかった場合のリスクや救済措置・間違った対処法を解説|次へ ≫

不動産の購入で消費税はかかる?手数料についても解説

不動産の購入で消費税はかかる?手数料についても解説

住宅の取引は税金がかかるのはご存じでしょうか。
不動産の取引金額は高く、2022年時点の消費税は10%がかかってきます。
何に課税があり、非課税になるのか、この記事では、取引時にかかる税金、事業所に支払う手数料にかかる税金についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

購入時に住宅にかかる消費税

物件を購入する際、土地代に税金はかかりません。
また建物の場合は売主が個人から、買主が個人への場合、購入時も非課税です。
しかし不動産会社や建設会社などの場合は、税金はかかります。
住宅を建築した場合も税金はかかります。
土地や家賃、ローン利子、税金などは非課税です。
課税事業者とは、消費税を納付する義務がある個人事業主や法人になります。
不動産会社や、建築会社は、課税事業者に該当するため、取引の際税金が発生します。
よって、新築の注文や建売を建築会社が売却、中古住宅を不動産会社が直接売却をおこなうと、売却代金に税金がかかるため、注意してください。
不動産会社が直接物件を売却するのは、買取をした物件です。
売主から買取がおこなわれた物件は、不動産会社が買主になり、売却するので消費税が課されます。

課税事業者に支払う手数料に消費税かかる

課税対象になる項目は、仲介手数料、事務処理料、司法書士手数料には消費税がかかります。
登録免許税や印紙税は、この2種類は税金扱いのため消費税はかかりません。
仲介手数料は売主と買主双方とも支払いが必要です。
課税事業者である不動産会社に仲介手数料を支払うため税金がかかります。
司法書士に支払う代金として、抵当権を抹消するため登記手続きが必要となり、司法書士に依頼すると、報酬として報酬料を支払わなければいけません。
司法書士への報酬料にも消費税がかかってくるでしょう。
そして、ローンを契約時に事務処理料がかかります。
金融機関は、課税事業者のため事務処理料は消費税がかかる対象です。
また不動産を売却する際、売却代金でローンの一括返済をおこなう場合は、一括返済用に料金が必要になりこちらも消費税がかかります。

まとめ

不動産購入にかかる消費税は、非課税と課税があります。
とくに建物が個人対個人の取引であれば非課税になりますが、課税事業者などとの取引は課税対象となりますので、ご注意ください。
大きな買い物となりますので、かかる税金は高くなります。
購入する前に、税金だけでいくらかかるか計算することをおすすめします。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建てを購入する際にかかる不動産取得税とは?計算方法も解説   記事一覧   住宅ローンを返済できなかった場合のリスクや救済措置・間違った対処法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る