福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 戸建て二世帯住宅を新築するメリットと税の軽減措置について解説

戸建て二世帯住宅を新築するメリットと税の軽減措置について解説

≪ 前へ|両親からの資金援助を受けて住宅購入するときの頼み方と注意点   記事一覧   住宅ローンが払えない!自己破産する前に知りたいメリット・デメリットとは|次へ ≫

戸建て二世帯住宅を新築するメリットと税の軽減措置について解説

戸建て二世帯住宅を新築するメリットと税の軽減措置について解説

ご結婚や出産などを機に、親御様との同居を考えられる方も多いかと思います。
新築一戸建て住宅を建てるのであれば、二世帯住宅をご検討されてはいかがでしょうか。
今回は二世帯住宅の種類や、新築時のメリットについてご案内します。

弊社へのお問い合わせはこちら

二世帯住宅の3つの種類

まず二世帯住宅の間取りには、以下の3つの種類があります。
「完全同居型」はそれぞれの個室以外は共用するタイプの間取りです。
プライバシーが守られにくい一方で、通常の戸建て住宅と変わりない分、新築費用を抑えることができます。
「部分共用型」は玄関や浴室だけといった形で一部のみ共用スペースを設けるタイプです。
適度にプライバシーを守りながらも、共用部分でお互いの暮らしの様子を知ることができるので、高齢者との暮らしには安心です。
「完全分離型」は玄関や浴室、キッチンなどすべてがそれぞれに備えられたタイプです。
3つの中で新築費用は一番高くつきますが、プライバシーは完全に守られるタイプの戸建て住宅です。

二世帯住宅の見逃せないメリット

二世帯で暮らすことのメリットに、親御様から子育てのサポートを受けられる点があります。
とくに共働きの家庭にとっては、助け合える環境は安心してお仕事に打ち込めるのではないでしょうか。
親御様は子育ての大先輩ですから、困ったときにいつでも相談できる距離に居てくださることも魅力の1つです。

二世帯住宅の減税制度はあるのか

二世帯住宅にお住まいの場合の減税制度があるのかが気になるところですが、実は減税制度といえるものはありません。
ただし、減税制度と似たような制度に二世帯だからこそ利用できる税金の軽減措置があります。
軽減措置が適用されるのは、不動産を購入した際に支払い義務が発生する「不動産取得税」と、不動産の所有に対して義務がある「固定資産税」の2種類です。
たとえば不動産取得税であれば、床面積が240㎡の戸建てを新築した場合に1,200万円の控除が受けられますが、二世帯住宅の場合は二軒分の控除が受けられるため、合計2,400万円分の控除となります。
また固定資産税は、通常は120㎡までに限って1/2に減額されますが、こちらも二世帯の場合は二軒分の240㎡までが対象となります。
ただ、軽減措置の内容は自治体によっても異なるため、まずは自治体にご確認ください。

まとめ

今回は二世帯住宅の種類や税の軽減措置、住まいのメリットなどをお届けしました。
二世帯住宅をご検討中の方は、ご自身にあった種類を選んでくださいね。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|両親からの資金援助を受けて住宅購入するときの頼み方と注意点   記事一覧   住宅ローンが払えない!自己破産する前に知りたいメリット・デメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る