福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 土地から不動産を購入するなら知っておきたい日影規制のポイントとは?

土地から不動産を購入するなら知っておきたい日影規制のポイントとは?

≪ 前へ|不動産購入の際にもらえるすまい給付金とは?対象者と申請方法を解説!   記事一覧   両親からの資金援助を受けて住宅購入するときの頼み方と注意点|次へ ≫

土地から不動産を購入するなら知っておきたい日影規制のポイントとは?

土地から不動産を購入するなら知っておきたい日影規制のポイントとは?

今回は、不動産に関する規制の中でも「日影規制」にスポットを当てて解説します。
日影規制は土地からの不動産購入を検討している方に、ぜひ知っておいてもらいたいものであり、購入した土地にどんな建物を建てられるかに大きく影響してきます。
今回は、日影規制の概要や日影規制に関する注意点などについて、ご説明していきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

日影規制とは何?不動産購入にどんな影響を与えるものなのか?

日影規制とは、簡単にご説明すると、新しく建物を建てることによって、周りの建物などの日照権が大きく侵害されることがないようにするための高さ制限です。
建築基準法上に記されている法的な規制ですから、必ず守らなければいけません。
そのため、土地からの不動産購入をする方にとっては、その土地に建てる建物の高さが日影規制によって制限されてしまう可能性があるという影響があるわけです。
「自由に建てたいのに高さを制限されるなんて、やっかいな規制だ」と思われるかもしれませんが、これはあなたの家が将来的に、周りに高い建物が建って、日中ずっと完全な日影状態になってしまうというような状況にならないよう守ってくれる規制でもあるのです。

土地から不動産を購入する際の日影規制に関する注意点とは?

日影規制に関する最大の注意点として挙げられるのが「日影規制の基準は、実は全国一律ではない」ということです。
たとえ同じ用途地域であっても、自治体によって日影規制の規制内容には若干の違いがあるのです。
ですから、日影規制について正しく知るためには、購入する土地がある地域の自治体に確認するのがポイントです。
ただ、自治体によって日影規制の内容に差があるとはいえ、全国的に第一種・第二種低層住居用地域の土地は、3階建て以上の建物を建てる場合は日影規制の影響を受ける可能性が高いです。
ですから、3階建て以上の建物を建てる予定なら、必ず土地購入を決めてしまう前に、自治体に日影規制内容の確認をしておきましょう。
もちろん、建売住宅などは3階建てであっても、この日影規制が守られた状態で建てられているため、日影規制について確認しなくても問題ないものになっているはずですので、安心してください。

まとめ

今回は土地からの不動産購入を検討している方、なかでも3階建て以上の建物を建てようと検討中の方に影響を与える可能性がある日影規制について解説しました。
一定の日照権を守るための日影規制は、建物を建てる側にとってはやっかいな規制ですが、自分たちの日照権を守ってくれる規制でもあることを理解して、自治体ごとの規制内容を確認し、しっかり守っていくよう心がけましょう。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入の際にもらえるすまい給付金とは?対象者と申請方法を解説!   記事一覧   両親からの資金援助を受けて住宅購入するときの頼み方と注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る