福岡市西区・糸島市の新築戸建て|UCHIKAU > 株式会社 しのざき不動産 のスタッフブログ記事一覧 > 新築戸建て購入にかかる諸費用の種類をご紹介

新築戸建て購入にかかる諸費用の種類をご紹介

≪ 前へ|引っ越しの挨拶回りにベストな時間帯と曜日は?喜ばれる粗品もご紹介!   記事一覧   住宅ローンを組む際におけるボーナス払いの考え方|次へ ≫

新築戸建て購入にかかる諸費用の種類をご紹介

新築戸建て購入にかかる諸費用の種類をご紹介

これから新築戸建ての購入を考えている方は、諸費用が気になりますよね。
意外と高額になりやすいため、事前の確認がおすすめです。
今回は、新築戸建てを買うときにかかる諸費用の種類と費用の目安をご紹介します。
頭金をいくら用意するか悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築戸建ての購入が決まったときにかかる費用

新築戸建ての購入が決まったときは、手付金を支払います。
手付金は売買契約に必要な諸費用で、一般的に物件価格の5~10%です。
たとえば、3,000万円の新築戸建てを購入する場合は、150~300万円の手付金が諸費用としてかかります。
手付金を支払う目的は、購入を約束をするためです。
売り主にとっても手付金を支払ってくれれば、安心して売買契約を結ぶことができます。
諸費用のひとつ手付金は、購入が決まったときの頭金だと考えておくといいでしょう。
注意したいのは、購入をやめると手付金が戻ってこない点です。
確実に購入するかわからず不安な場合は、手付金を減らすこともできるので状況に応じて調節してください。

新築購入後引き渡しまでにかかる費用

物件の引き渡し時には、諸費用として税金類の支払いが必要です。
印紙税・登録免許税・保険類の諸費用を考慮しておきましょう。
売買契約書に印紙税を貼るため、1~2万円程度の負担があります。
登録免許税は登記費用と司法書士への報酬費用がかかります。
また新築戸建ての場合は、土地家屋調査士報酬もかかる場合があるため確認してください。
登記費用は固定資産税評価額により割り出されます。
司法書士への報酬費用は、10万円前後の諸費用がかかると考えておきましょう。
保険は、火災保険と地震保険の加入にかかる費用です。
住宅ローンを組む際には火災保険が必須となるケースが多いでしょう。
地震保険に関しては任意のことが多いため、必要に応じて引き渡し後に加入してください。

新築購入の入居後にかかる費用

入居後は、不動産取得税と固定資産税の諸費用がかかります。
新築戸建ての場合は、軽減措置があるため税金負担が軽くなります。
軽減措置の適用には別途手続きの必要なケースがあるため、新築一戸建てを建てる地域の自治体へ相談しましょう。
固定資産税は、入居後住宅に対して毎年かかる税金のことです。
1月1日に住宅を所有している人に課せられます。
同じく、固定資産税に対しても新築戸建ては軽減措置があります。

まとめ

新築戸建てを購入する際には、諸費用に注意が必要です。
どのくらいの費用がかかるのか気になる方は、ご紹介した内容を参考にしてくださいね。
私たちUCHIKAU(うちかう)は、福岡市西区・糸島市を中心に新築戸建てを豊富に取り揃えております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|引っ越しの挨拶回りにベストな時間帯と曜日は?喜ばれる粗品もご紹介!   記事一覧   住宅ローンを組む際におけるボーナス払いの考え方|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 しのざき不動産
    • 〒819-0169
    • 福岡県福岡市西区今宿西1丁目28-30
      201
    • TEL/092-707-4922
    • FAX/092-707-4923
    • 福岡県知事 (1) 第019190号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る